C.V.

石田 高大 /Takahiro Ishida
富山県在住。

1995年富山県富山市生まれ。2020年東京大学農学部環境資源科学課程卒業。

大学在学中、芸術に広く関心を持つようになる。2020年頃より、何か独自のものを作りたいと思い、撮影スタジオや路上にて、その場にあったものや日用品を使って思うままに踊り、遊ぶ、その様子を知人に写真に撮ってもらっていた。

2021年より、パフォーマンスアートとして制作を始めた。制作の中で、自己同一性、精神と身体との不釣り合いなどのテーマに関心を強め、特に自身の経験や内面の世界に着想を得た作品に取り組む。作品で乱雑に文字を書いた紙をよく使用するが、これは抑圧された感情のモチーフとなっている。故郷の川を眺めているうちに、川に自身が思いの丈を書きなぐる紙が流れているように感じたこともある。

2023年よりパフォーマンスアートのアーカイブを行う「IPAMIA」のメンバー。


〇2024年
・3月   パフォーマンス&ディスカッションワークショップ《6つのサイコロ》(東京都、PARA)
 
〇2023年
・9月 表現実験BASHOW公演「さいていな杖」参加(富山県、旧木庭小学校つむぎ庵)
・8月  企画『オフトウキョウ2023』参加(東京都、サブテレニアン)
・6月 石田高大&元井康平デュオパフォーマンス公演『シム・ハシラ』(富山県、ほとり座ライブホール)

〇2022年
・12月 パフォーマンスイベント『MarginalMan13 Populus consurge/民衆が立ち上がる』参加(東京都、サブテレニアン)
・12月 パフォーマンス実施『エコトーン(#2)』(富山県、ほとり座ライブホール)
・10月 ワークショップ『集会(#1)』(東京都、サブテレニアン)
・8月 展覧会Fragements2022参加 (富山県、ギャラリー無量)
・7月 企画『オフトウキョウ2022』(東京都、サブテレニアン)
・3月 個展『をのこ』(東京都、新宿眼科画廊)

〇2021年
・10月こば小学校マルシェ出展(富山県、旧小羽小学校)
・8月 パフォーマンス『流水』(富山県、ほとり座ライブホール)
・2月 個展『機知と大胆』(東京都、新宿眼科画廊)